ホーム > クレジットカード > カードをお持ちの方 > 安心・安全にご利用いただくために > クレジットカードを安心・安全にご利用いただくために

クレジットカードを安心・安全にご利用いただくために

クレジットカード利用時のご本人さま確認へのご協力をお願いいたします。

イオンクレジットサービスにおいては、盗難紛失カード、偽造カードの不正利用防止を目的としたクレジットカード取引の監視(モニタリング)を行っております。
その一環として、クレジットカード決済の際に、利用されている方がクレジットカード会員ご本人さまであるかどうかの確認をとらせていただいた上でご利用いただく場合がございます。
お手間をとらせることとなり、誠に申し訳ございませんが、クレジットカード犯罪防止のためにご協力のほどよろしくお願いいたします。
また、クレジットカードのご利用は、カード名義人さまご本人のみとなりますので、身内や近親者であってもクレジットカードの貸借はなさらぬよう併せてお願い申し上げます。

オンラインゲームのトラブルにご注意ください。

スマートフォン等の普及に伴い、お子さまがご家族(親・祖父母)のクレジットカードをオンラインゲームで利用し、
高額請求となるトラブルが増えています。
クレジットカードはカード名義人ご本人に管理義務があり、クレジットカードで支払いをしている場合にはカード名義人の責任が問われます。

オンラインゲームのトラブルに巻き込まれないために

  • インターネットの利用について家族でルールを設ける
  • インターネット等を利用した後は必ずログアウトし、ID・パスワードの情報を残さない
  • クレジットカードは子どもの手が届かない場所に保管する
  • ID・パスワードは家族間であってもわからないように管理する

オンラインゲームにつきましては、国民生活センター・日本クレジット協会でも注意喚起を行っております。
詳しくは次のリンク先をご確認ください。

ロッカー荒らしにご注意ください

最近、ゴルフ場や温浴施設などにおける暗証番号式のロッカーや貴重品ボックスで、暗証番号入力時に背後からのぞき見られたり、小型カメラで盗撮されるなどして暗証番号が知られ、開錠される被害が増えています。
開錠されると、私物を盗難されるばかりではなく、クレジットカードやキャッシュカードのカード情報をスキミングにより読み取られたり、また、カードを1枚だけ気づかれないように抜き取られるなど、さまざまな手口で第三者に使用されることがあります。被害を未然に防止するため下記についてご注意ください。

  • スキミングとは機器を使用し、カードの磁気情報を盗み取る手口です。
  • 暗証番号はキャッシュカード・クレジットカードと同じものを使用しない。
  • 暗証番号を入力する際には、手で覆い隠し見られないようにする。

暗証番号の管理をお願いします。

  • 推測されにくい番号を設定してください。
  • 生年月日・電話番号・住所など、他人に推測されやすい番号は避けましょう。
  • 周りの人に教えないでください。
    暗証番号は、ご本人さましか知らない大切な番号です。親しい方にも教えないようにしましょう。
  • カード裏面やメモなどに書かないでください。

インターネットサービスのパスワードを第三者へ教えないようご注意ください。

最近、インターネットなどでのチケット購入後の支払いに関して、出品者から「チケット代はモバイルWAONでの支払いとなる。」「チャージ後にモバイルWAONのパスワードを教えてほしい。」という事象が散見され、いずれもチケットを受け取れずトラブルとなっております。クレジットカードやキャッシュカードのインターネットサービスのパスワードと同様に、電子マネーのパスワードにつきましても、第三者へ教えることがないよう、くれぐれもご注意ください。

不正に個人情報を入手しようとする手口が発生しています

『有料メール交換サイト』にご注意ください

最近、「出会い系サイト※1」をはじめとした『有料メール交換サイト』におけるトラブルが発生しています。

このようなサイトでは、サイトで知り合った相手とメール交換をするために、巧みな勧誘により、ポイントを購入するよう誘導されるなどして、取引を継続させられた結果、気づいた時には高額な請求となってしまう場合があります。さらには、無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口となっている場合もあります。

『有料メール交換サイト』を利用される場合には、悪質な業者※2もおりますので、ご利用を申込みされる段階で以下のような点に十分ご注意ください。

注意点

①規約、約款、ご利用のルール等をよく確認する。
サイトの利用やクレジットカード番号の入力の前に、規約・約款、当該サイトや案内メール等の詳しいルールの記載(料金制度等)を十分に確認することが重要です。利用に関する承諾ボタンを押すなど、お客さまが事前にこれを承諾されていると解釈される場合には、ご利用後にサイト事業者とトラブルになっても、当該サイトに対して契約や請求の取消しができなくなることもあります。
②『有料メール交換サイト』の場合、使いすぎに注意する。
有料サイトですので、サイトの入会時に入会料が発生する、メールの送信ごとに料金が発生する、月々の利用料が発生する等、サイトの利用を続けることで継続的に料金が発生します。また、これらの利用に必要なポイントをまとめて購入する必要がある場合もあります。これらを認識の上で「使いすぎ」には十分ご注意ください。

なお、『有料メール交換サイト』でクレジットカードを利用された場合で、サイトの記載や案内に事実と相違がある場合などは、お客さまにご協力できる場合もありますので、ご相談ください。

  • ※1 出会い系サイトとは、見知らぬ異性との交際を希望する情報を多くの人が見られるように掲示し、電子メールなどでお互いに連絡を取り合えるようにするなど「出会いの場」を提供するサイトを指します。
  • ※2 悪質な業者とは、「メル友になってほしい」「芸能人の悩みを聞いてほしい」「メール交換してくれればお金をあげる」「財産を個人的に贈与したい」などと消費者を騙し、有料メールを続けさせるといった手口を用いるようなサイトを指します。

このような手口にご注意ください

「無料懸賞サイト」にご注意ください!!
携帯電話に、登録した覚えのないサイトから「1000万円の懸賞金が当たった」とメールが届いた。懸賞金の受け渡しをするためには手続きが必要で、その手続きの内容が書いてあるメールを見るには、ポイントを購入する必要があった。手続きには時間制限があり、時間内に手続きを終えないと手続きの最初に戻ってしまう。懸賞金をもらう段階になかなか到達できないので、やめようとすると、「やめたらもったいない」というようなメールがきた。当選番号を小分けに区切ってメールをするよう指示されるなどしているうちに、ポイントをたくさん消費してしまい、クレジットカードや現金で高額の代金を支払ってしまうケースが発生しています。
「無料占いサイト」にはご注意ください!!
占いサイトに入って、占いを見るために簡単な個人情報を入力・送信したところ、「パスワードを送るので、メルアドを送信して結果を見てほしい」という画面が現れた。携帯のメールアドレスを送信したところ、パスワードが届き、パソコンに入力して占いの結果を確認した。しばらくして、携帯に出会い系のメールが多数届き始めた。登録した覚えはなく無視していたが、「メール交換してくれればお金をあげる」「自分は芸能人である」という言葉に引かれて、複数の男性とメール交換しているうちに、メール交換に必要なポイントをクレジットカードで多額に購入してしまうケースが発生しています。
「絶対に儲かる」「返金保証で安心」とうたう有料情報(情報商材)にはご注意ください!!
「絶対儲かる!」「誰にでも出来る簡単な仕事で毎月高収入確実!」「返金保証で安心!」などのバナー広告に惹かれ情報商材に申し込みをした。返金保証もあり、うまくいかない時は、返金されるものと安心して、クレジットカードで支払った。しかし、送付されてきた商材は実現不可能な内容で、販売者に返金を求めたが「返金条件に該当しない。やり方が悪い」の一点張りで対応してくれない、というケースが発生しています。
  • 当社にて悪質と判断したサイトに関しては、ご利用を制限させていただく場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

フィッシング詐欺にご注意ください。

イオンクレジットサービスのカード申込画面に酷似したサイトやイオンスクエアメンバーの会員規約を利用しID/PWを入力させるサイトにご注意ください

事例1

下記業者は、当社ホームページのイオン銀行カードローンBIG申込み画面に酷似した画面をインターネット上に掲載しておりますが、当社とは一切関係がございません。
同サイトのご利用ならびに名前、住所、電話番号、メールアドレス等のご入力は控えていただきますようお願いいたします。

イオンモバイルバンク
東京都千代田区神田小川町2-5

事例2

下記業者は、イオンスクエアメンバー利用規約に酷似した画面をインターネット上に掲載しておりますが、当社とは一切関係がございません。同サイトのご利用ならびにイオンスクエアメンバーID、パスワードのご入力は控えていただきますようお願い申し上げます。

事例3

下記業者は、当社ホームページのクレジットカード申込み画面に酷似した画面をインターネット上に掲載しておりますが、当社とは一切関係がございません。

イオンクレジット株式会社
東京都中央区日本橋

同サイトではクレジットカード申込み受付を装った画面で、名前、住所、電話番号、メールアドレス、融資申込などが入力可能な画面となっております。
既に警察等に届出を行っておりますが、くれぐれもご注意くださいますようお願い申し上げます。

詳細へ別ウィンドウで開きます

クレジット会社や銀行等の企業を装い、電子メールにより偽りのホームページにアクセスするよう仕向け、そのページにおいて個人の情報(クレジットカード番号、ID、パスワード、アカウント情報等)を入力させ、個人の情報を不正に入手するような手口で、最近その被害が増加しています。 「Phishing」は、洗練(sophisticate)された手法により、個人情報を釣り上げる(fishing)ことから作られた造語と言われています。

1.フィッシング詐欺とは

クレジット会社や銀行等の企業を装った偽の電子メールを送り、認証のためと称する文言により、企業のホームページと酷似した偽のサイトに誘い込み、クレジットカード番号や暗証番号などを入力させる手口が一般的です。
この電子メールはパソコンだけでなく、携帯電話にも送られてくることもありますので、十分注意してください。

フィッシング詐欺の特徴
  1. クレジット会社や銀行等の企業のメールアドレスを装って電子メールが送られてきます。
    (このメールアドレスは、似ているようで微妙に違うアドレスが使われています。)
  2. 送られてきた電子メールには「○○の更新手続きを下記の○○○のサイトで行ってください。」などと誘い込み、フィッシング詐欺を行うためのアクセスを誘導してきます。(個人の情報の入力を促すような電子メールは怪しいと疑ってみてください。)
  3. 誘導されたサイトは、実際のショッピングサイトやクレジット会社、銀行等の企業サイトに間違えるほど巧みに作られた偽のサイトで、クレジットカード番号やID、パスワードなどを入力させて、個人の情報をだまし取ります。
  4. だまし取った個人の情報を悪用して、偽造カードを作成して現金を引き出したり、本人になりすまして不正な売買をしたりします。
認証入力をさせようと誘い込むための具体例
  • 「あなたさまのクレジットカードが不正に使用されている可能性があります。至急次のページで取引内容を確認してください。」
  • 「あなたさまがご本人であることを確認するため、会員番号、暗証番号等を入力してください。」
  • 「審査の結果、あなたさまが○○に当選しましたので、クレジットカード番号の登録をしてください。」
  • 「不正使用防止のため、お客さまのクレジットカード番号、有効期限、暗証番号を登録してください。」
聞き出そうとする個人情報の具体例
  • 住所、氏名、電話番号
  • クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
  • オークション、プロバイダ、電子メール等のID・パスワード

2.不審なメールが送られてきたら

個人情報やクレジットカードの情報などを問い合わせる不審な電子メールやホームページには、細心の注意を払っていただくことが必要です。このような電子メールが送られてきたら、下記のような対応を取るようにしてください。

  • お客さま個人の情報を、決して入力して返信しないようにしてください。
  • 送信された電子メールは、むやみにリンクされたサイトにクリックしないようにしてください。
  • メールの真偽を確かめたいときには、実在するショッピングサイトやクレジット会社、銀行等の企業への電話確認や、Webブラウザを新規に立ち上げる本物のサイトであることを確認してください。
  • クレジットカード会社では、お客さま個人の情報(クレジットカード番号、有効期限や暗証番号等)についてメールで問い合わせたり、回答をお願いするようなことはありません。

3.不審なメールを排除するためには

フィッシングは、インターネットにおける企業と消費者の信頼関係を根底から揺るがすものであり、インターネットの安全な利用を脅かすだけでなく、クレジットカード等の健全な普及をも阻害する重大な問題です。
このようなメールを受け取ったときには、次のように対応してください。

  • メールを返信せず、ホームページのアドレスやメールの題名など確認の上、速やかにご利用のクレジット会社にご連絡ください。
  • 都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に設置された「フィッシング110番」にご連絡するか、最寄りの警察署にもご相談ください。

クレジットカード情報を聞き出す不審な電話にご注意ください

最近、クレジットカードの国際ブランドを騙って電話をかけ、「クレジットカードが不正に利用されているおそれがある」などとして、お客さまから、クレジットカード番号、有効期限、暗証番号や個人情報を聞き出そうとする事例があります。クレジットカードの国際ブランドが、お客さまへ電話をしてカード番号や個人情報等をお尋ねすることはありませんので、カード番号や個人情報などは絶対に提供しないで下さい。

  • 国際ブランドとは当社においてはVISA、MasterCard及びJCBを指します。

また上記に類似し、クレジットカード会社や金融機関、警察などを騙り会員さまの情報を聞き出そうとするケースも発生していると報告を受けておりますので、ご注意お願いします。

イオンの店舗関係者を装い、お客さまのクレジットカード番号や個人情報を聞き出す手口の特徴

  1. イオンの店員を名乗る人物から、「あなたのクレジットカードが悪用されている。」という電話があります。
  2. 「至急、日本クレジット協会へ連絡をするように。」と誘い込み、偽った電話番号を告げます。
  3. 告げられた番号へ電話をすると、自動音声などによりクレジットカード番号、ID及びパスワードなどを聞き出そうとする事例となります。

当社からメールでカード番号、暗証番号、有効期限などをお尋ねすることはございません

最近、不正にお客さまの個人情報を入手する目的で、実在するインターネットサービスの名前をかたり、カード番号、暗証番号、有効期限の返信や、ID・パスワードを特定の文字列へ変更するように要求する悪質な詐欺メールが報告されております。当社では、一方的にメールでカード番号、暗証番号、有効期限やID・パスワードをお尋ねしたり、特定の文字列に限定したパスワードへの変更をお願いすることはございません。万一、このようなメールを受信された場合、返信されないよう、十分ご注意ください。

当社の社名やイオンカード券面などを無断で使用・流用した金融業者にご注意ください

最近、当社と酷似した社名を名乗る下記の業者等が融資の勧誘を行うダイレクトメールを送付しておりますが、当社およびイオン株式会社とそのグループ各社とは一切関係ございません。
当社といたしましては、当該業者への警告および関係各庁への届出を行っておりますが、お客さまにおかれましても、くれぐれもご注意いただきますようお願い申し上げます。

(株)イオン・キャッシュ・クリエイト 東京都新宿区神楽坂5-8-4
TEL0120-311-544/03-5330-4435
(株)イオン・ファンド・キャッシング 東京都渋谷区本町3-4-9
TEL0120-327-277/03-3813-5976
(株)イオン・ファンド・クレジット 東京都中央区日本橋5-13-8
TEL 0120-400-063/03-3837-2400
(株)イオンクレジットホールディングス 東京都新宿区西新宿3-17-20
TEL 0120-688-737/03-3357-6372
(株)イオン・オフィシャル・マネージメント 東京都新宿区西新宿3-20-15
TEL 0120-115-339/03-3980-8828
(株)イオン・キャッシュ・ワン 東京都中央区銀座1-2-4
TEL 0120-225-266
(株)イオン・キャッシュ・カード 東京都港区三田3-5-25
TEL 0120-588-040
(株)イオン・クレジット・プランナー 東京都港区8-9-21
TEL 0120-828-366
(株)イオン・グローバル・ファイナンス 東京都港区新橋4-26-5
TEL 0120-156-663/03-5688-9827
(株)イオン・クレジット・ワン 東京都港区新橋3-14-9
TEL 0120-076-042/03-3207-6042
(株)イオン・グローバル・クレジット 東京都品川区大崎5-18-9
TEL 0120-844-412/03-3833-2106
(株)イオン・プライベートクレジット 東京都新宿区四谷2-19-45
TEL 0120-076-134/03-3207-6134
(株)イオン・クレジット・マネージメント 東京都豊島区上池袋2-25-8
TEL 0120-588-059/03-3207-1379
(株)イオン・クレジット・サポート 東京都新宿区西新宿2-15-7
TEL 0120-177-265/03-5688-8407
(株)イオン・クレジット・プランニング 東京都渋谷区本町2-18-9
TEL 0120-016-637/03-3836-3645
(株)イオンバンク 東京都台東区東上野1-26-8
TEL 0120-833-382/03-3833-2436
イオンファイナンス(株) 東京都港区虎ノ門3-31-8
TEL 0120-883-757

クレジットカードによる商品購入を内容とするアルバイト広告にご注意ください

「海外旅行気分でアルバイト」等とうたい、海外でクレジットカードを利用して貴金属等を購入させ、帰国後、利用代金に報酬を加えた金額を振り込むとの契約をしたにも関わらず、支払いがされないというトラブルの連絡が寄せられております。
上記のようなケースは商行為にあたり、万一契約企業から支払いがなかった場合でもクレジットカード会社への支払いを拒むことはできず、利用代金はクレジットカード会員の負担となります。
このような求人広告を見かけた場合は、十分にご注意くださいますようお願いいたします。

クレジットカードをだまし取る手口にご注意ください

最近、金融業者に融資の申込みを行った際、審査のために必要と称してクレジットカードの送付を求められるという事例が発生しており、送付したクレジットカードが不正に利用されたという被害の連絡が寄せられております。
各クレジットカード会員規約に定めておりますとおり、クレジットカードは、カードに記載の会員さまご本人以外はご利用いただくことはできません。他人への貸与・譲渡などは絶対になさいませんよう、くれぐれもご注意くださいますようお願い申し上げます。

債権取り立て詐欺にご注意ください

身に覚えのない「○○協会」「○○組合」「○○センター」等と名乗る業者から、郵便・電話・eメールにて「カード会社から債権の譲渡を受けた」と偽って、不正に金銭を騙し取る悪質な事件が発生していますので、ご注意いただきますようお願い申し上げます。
万一、当社カードのお支払いについて不審な請求を受けた場合には、下記のご連絡先までお問い合わせいただくとともに、最寄りの警察・消費者センターへもご一報いただきますようお願いいたします。

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」をうたった広告にご注意ください

最近、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」「クレジットカードのキャッシュバック」などとうたった広告が、新聞、雑誌、看板、インターネット等で多く見受けられ、お支払いにクレジットカードが利用されていることがあります。このような取引行為は換金目的であり、会員規約に抵触することから、クレジットカード業界ではこれらの利用を禁止しています。
また、会員の方ご自身が思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、決して利用しないでください。

海外の「宝くじ・ギャンブル」のご購入にご注意ください

最近、インターネットやDM等で、海外で実施されている「宝くじや勝馬投票券の購入、スポーツ勝敗予想等のギャンブル」の案内が見受けられます。またこれらの「宝くじやギャンブル」をクレジットカードで簡単に予約、購入できる場合があります。
しかしながら、国内で正式に許認可を受けていない団体等が販売する「宝くじやギャンブル」の購入は、わが国の法律で禁止されています。
したがって、上記の「宝くじやギャンブル」に対する国内からのインターネットやDM等での申込みは違反となり、申し込んだ方も罰せられますのでご注意ください。

イオンクレジットサービスのお問い合わせ先
受付時間:9:00〜21:00 年中無休

0570-071090(ナビダイヤル:有料)

  • 一部のIP電話からはご利用いただけない場合がございます。繋がらない場合は下記の番号へお問い合わせください。

043-296-6200