雲仙とは?

ようこそ日本の国立公園へ

春は雲仙ツツジが山肌をピンクに染め、みずみずしい若葉が初夏の青葉に変わるとさわやかな夏の訪れです。 山中が赤やオレンジ色にそまる紅葉の秋が訪れ、冬を迎えると木々は霧氷でクリスタルに変身します。

神秘的な山の『メタモルフォーゼ』

  • 春
  • 夏
  • 秋
  • 冬

雲仙で感じる四季の移ろい 『三峰五岳の雲仙岳』とは普賢岳、国見岳、妙見岳、絹笠岳、高岩岳、野岳、矢岳、九千部岳。この8つのやまやまを総称して雲仙岳と呼んでいます。
雲仙は自然がたっぷりと生きています。

雲仙は昭和2年に日本新八景山岳の部で1位になり、
昭和9年にはわが国で最初の国立公園に指定されました。
昔から自然が大切に守られてきた雲仙は、自然の大図鑑。
野鳥や高原植物の宝庫です。

雲仙地獄

硫黄の匂いと水蒸気漂う雲仙地獄

雲仙地獄はキリシタン殉教の舞台となったところ。
大叫喚、お糸、清七など30あまりの地獄があり、噴気孔から真っ白い水蒸気がもくもくと噴き上がっています。

できたてほっかほか! 地獄の蒸気を使って、蒸し上げるたまごは温泉地ならでは!一休みのお供に♪
湯けむりに包まれて心まで”湯ったり”

湯けむりに包まれて心まで”湯ったり”

明治の頃に外国人の避暑地として
開かれた国際的な観光地でもある
雲仙温泉。 その温泉街は
古湯・新湯・小地獄の3つに分かれ、
雲仙地獄の湯けむりが漂う街並みに
旅館街がゆったりとつづいています。

旅行ショップ一覧

雲仙温泉

雲仙の泉質・効能
雲仙の温泉は、どんなお湯で何に効くのでしょうか?

泉質:酸性硫黄泉 色:透明なお湯と白いお湯の2種類があります。 匂い:独特な硫黄の香りがします 味:酸味が強くてすっぱい
お湯の特徴
雲仙は元来「温泉」と書いて「うんぜん」と読まれていた歴史を持つ地域です。
そのお湯は硫黄を含んだ強い酸性泉で温泉療法が盛んなヨーロッパでも見られない温泉です。日本では草津温泉のお湯とよく似ています。
泉質について
泉質は、酸性硫化水素泉、
含硫化水素酸性みょうばん泉、緑ばん泉と言い、一般的には硫黄泉と呼ばれます。
効能について
硫黄、つまり強い酸性なので殺菌効果があります。湿疹やしもやけ、切傷などの皮膚病全般に効果があります。また美肌効果もあり、その他、慢性のリウマチ、糖尿病、神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進にも適していると言われています。

雲仙温泉のQ&A

雲仙温泉のQ&A

特にご質問が多い、皆様からの疑問にお答えします。

温泉の色が違うのはなぜ?
旅館によって温泉が透明だったり、白く濁っていたりします。
本来硫黄泉は透明ですが地獄からの配管で引湯すると硫黄を含んだ
鉱泥が流れてきます。 そのため白く濁って見えるのです。
雲仙温泉はお湯の量は豊富なの?
雲仙温泉は国立公園なので、ボーリングを禁止してお湯を保護しています。そのため各旅館への湯量が限られています。そこで旅館では各湯船に入れる温泉の量を工夫して大事に使っています。
天然温泉は大切な地球の恵みなのです。
誰でも雲仙温泉に入っていいの?
温泉に入っていけない疾患症があります。
一般的に急性疾患、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他病勢進行中の疾患、皮膚・粘膜に特に敏感な方は、温泉を避けた方が賢明です。
旅行ショップ一覧

観る・遊ぶ「観光スポット」

雲仙地獄

雲仙地獄

雲仙地獄は雲仙温泉街観光のメインスポットで、 大叫喚、お糸、清七など30あまりの地獄があり、噴気孔から真っ白い水蒸気がもくもくと噴き上がっています。
また、江戸時代にはキリシタン殉教の舞台となったところとしても知られています。

施設情報
営業時間24時間(但し、夜間はライトアップはございません)
住所〒854-0621
雲仙市小浜町雲仙320

仁田峠ロープウェイ

仁田峠ロープウェイ

春のミヤマキリシマ、夏のヤマボウシや新緑、秋の紅葉、冬の霧氷と仁田峠では1年を通して楽しめます。
ゴンドラにゆられながら四季折々表情を変える山々、雄大な大自然の景観を、満喫することが出来ます。

施設情報
営業時間8:51〜17:31(4〜10月)
8:51〜17:23(11〜3月)
定休日荒天時運休有
住所〒854-0621
雲仙市小浜町雲仙551

白雲の池

白雲の池

自然いっぱい、天然クーラーの涼しい快適な野営場です。森を吹き抜ける心地よい良い風や緑のにおい、静寂の中に聴こえる野鳥のさえずり、湖面に写る青い空と平成新山。時間の移り変わりとともに様々な表情を見せてくれる湖畔の野営場です。そこは、まさに、自然に抱かれたる快適環境のキャンプ場です。

施設情報
営業時間4月下旬〜5月の連休 7月・8月夏休み期間
定休日要:問い合わせ
住所〒854-0621
雲仙市小浜町雲仙字絹笠

雲仙焼

雲仙焼

雲仙焼のマグカップ・皿・箸置きなどの焼き物体験が各3,000円(送料別)で楽しめます。
窯元は湯の里共同浴場の前にあり、ギャラリーを併設。火山灰ぐい呑1万5000円〜、茶碗3万円〜
ビアカップ2,000円〜、わび助小鉢2,000円〜。

施設情報
営業時間8:00〜18:00
定休日不定休
住所〒854-0621
雲仙市小浜町雲仙304

この夏は長崎・雲仙の旅へ…旅行ショップ一覧

旅行ショップ一覧

国内・海外旅行取扱い旅行ショップ

その他、旅行関連ショップ

航空券・バス・レンタカー
旅行グッズ

おトクに旅行予約!クーポンはこちら!