イオンカード 暮らしのマネーサイト

「イオンカード」などを名乗る不審なメール・サイトにご注意ください

「イオンカード」などを名乗る不審なメール・サイトにご注意ください

更新日時:2019年11月25日(月)

フィッシング詐欺とは

クレジット会社や銀行などの企業を装い、電子メールにより偽りのホームページにアクセスするよう仕向け、そのページにおいて個人の情報(クレジットカード番号、ID、パスワード、アカウント情報など)を入力させ、個人の情報を不正に入手するような手口で、最近その被害が増加しています。

「Phishing」は、洗練(sophisticate)された手法により、個人情報を釣り上げる(fishing)ことから作られた造語と言われています。

クレジット会社や銀行などの企業を装った偽の電子メールを送り、認証のためと称する文言により、企業のホームページと酷似した偽のサイトに誘い込み、クレジットカード番号や暗証番号などを入力させる手口が一般的です。
この電子メールはパソコンだけでなく、携帯電話に送られてくることもありますので、十分注意してください。

フィッシング詐欺の特徴

  • 1.クレジット会社や銀行などの企業のメールアドレスを装って電子メールが送られてきます。(このメールアドレスは、似ているようで微妙に違うアドレスが使われています。)
  • 2.送られてきた電子メールには「○○の更新手続きを下記の○○○のサイトで行ってください。」などと誘い込み、フィッシング詐欺を行うためのアクセスを誘導してきます。(個人の情報の入力を促すような電子メールは怪しいと疑ってみてください。)
  • 3.誘導されたサイトは、実際のショッピングサイトやクレジット会社、銀行などの企業サイトに間違えるほど巧みに作られた偽のサイトで、クレジットカード番号やID、パスワードなどを入力させて、個人の情報をだまし取ります。
  • 4.だまし取った個人の情報を悪用して、偽造カードを作成して現金を引き出したり、本人になりすまして不正な売買をしたりします。

認証入力をさせようと誘い込むための具体例

  • 「あなたさまのクレジットカードが不正に使用されている可能性があります。至急次のページで取引内容を確認してください。」
  • 「あなたさまがご本人であることを確認するため、会員番号、暗証番号などを入力してください。」
  • 「審査の結果、あなたさまが○○に当選しましたので、クレジットカード番号の登録をしてください。」
  • 「不正使用防止のため、お客さまのクレジットカード番号、有効期限、暗証番号を登録してください。」

聞き出そうとする個人情報の具体例

  • 住所、氏名、電話番号
  • クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
  • オークション、プロバイダ、電子メールなどのID・パスワード

不審なメールが送られてきたら

個人情報やクレジットカードの情報などを問い合わせる不審な電子メールやホームページには、細心の注意を払っていただくことが必要です。
このような電子メールが送られてきたら、下記のような対応を取るようにしてください。

  • お客さま個人の情報を、決して入力して返信しないようにしてください。
  • 送信された電子メールは、むやみにリンクされたサイトにクリックしないようにしてください。
  • メールの真偽を確かめたいときには、実在するショッピングサイトやクレジット会社、銀行などの企業への電話確認や、Webブラウザを新規に立ち上げる本物のサイトであることを確認してください。
  • クレジットカード会社では、お客さま個人の情報(クレジットカード番号、有効期限や暗証番号など)についてメールで問い合わせたり、回答をお願いするようなことはありません。

不審なメールを排除するためには

フィッシングは、インターネットにおける企業と消費者の信頼関係を根底から揺るがすものであり、インターネットの安全な利用を脅かすだけでなく、クレジットカードなどの健全な普及をも阻害する重大な問題です。

このようなメールを受け取ったときには、次のように対応してください。

  • メールを返信せず、ホームページのアドレスやメールの題名など確認の上、速やかにご利用のクレジット会社にご連絡ください。
  • 都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に設置された「フィッシング110番」にご連絡するか、最寄りの警察署にもご相談ください。

「イオンカード」などを名乗る不審なメールにご注意ください

イオンカードからお送りする主なメールについて、送信元メールアドレスとメール内容は下記のとおりです。

information@email.aeon.co.jp
information@ma.email.aeon.co.jp
イオンクレジットからのお知らせメール(キャンペーンや各種サービス情報など)
userid@aeon.co.jp
イオンスクエアメンバー登録、ID変更、ID退会完了メール、本人認証サービス登録完了メールなど
aeon@aeon.co.jp
ときめきポイント交換(合算応募含む)、カード切替、家族カード申込完了メール、問い合わせフォームなど
shinsa@aeon.co.jp
イオンカードセレクト、ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)申込完了メールなど
cardshinsa@email.aeon.co.jp
クレジットカード(WEB完結型)申込完了メール
statement@email.aeon.co.jp
Web明細(環境宣言)ご利用による請求額案内メール
honkaku@aeon.co.jp
本人確認書類画像アップロードのお願いメール、本人確認書類画像のアップロード完了メール、カード発行に関するお知らせメール、カードお受取方法に関するお知らせメール
thanks@aeon.co.jp
ときめきポイント交換、上記以外オンラインサービス登録(受付)完了メール

正しいメールの例

OK:メールアドレスが先述のものと一致する OK:送信元メールアドレスに対応した内容 OK:表示されるURLと実際のリンク先が正しい(「イオンカード 暮らしのマネーサイト」などへのリンク)

不審なメールでは、表示されるURLが正しいものに偽装されている場合があります。PC環境ではURLにマウスカーソルをあてて、実際のリンク先をご確認ください。

イオンカードから、下記のようなメールはお送りしません。

  • クレジットカード番号、カード有効期限、カード裏面に記載のセキュリティコード、カード暗証番号などを直接お尋ねする内容は、お送りしません
  • 添付ファイルは添付いたしません
  • ファイルのダウンロードを促す内容はお送りしません

送信元メールアドレス、リンクURLを正しい内容になりすましたメールも確認されております。PC環境ではリンクURLにマウスカーソルをあてて、実際のリンク先をご確認ください。

上記に限らず、メール内容に身に覚えがない場合や不審な点(不自然な日本語が使用されているなど)がある場合にはメールに記載されているURLはクリックせず、メールを削除してください。

実際に確認されている不審メール例

実際の不審メールの画面イメージなどを、下記ページでご確認ください。

偽装メールの例

「イオンカード 暮らしのマネーサイト」を偽造した不審なサイトにご注意ください

「イオンカード 暮らしのマネーサイト」でお客さまの情報を入力いただく画面は、下記の内容で構成しています。

  • URLが
    https://www.aeon.co.jp/
    から始まります
  • アドレスバー(URLが表示される箇所)に企業名が表示されるブラウザの場合は、「AEON CREDIT SERVICE CO., LTD. 」が表示されます
  • SSLサーバ証明書のWEBステッカーが設置されているページでは、WEBステッカーをクリックすると「有効です。」と表示されます

正しい画面の例

OK:URLがhttps://www.aeon.co.jp/から始まっている OK:アドレスバーに企業名が表示されるブラウザの場合は、「AEON CREDIT SERVICE CO., LTD. 」が表示されている OK:SSLサーバ証明書のWEBステッカーが設置されているページでは、WEBステッカーをクリックすると「有効です。」と表示される NG:不審なサイトでは、「リンク先が証明書と一致しません。サイトを確認してください。」と表示される

OK:URLがhttps://www.aeon.co.jp/から始まっている OK:アドレスバーに企業名が表示されるブラウザの場合は、「AEON CREDIT SERVICE CO., LTD. 」が表示されている OK:SSLサーバ証明書のWEBステッカーが設置されているページでは、WEBステッカーをクリックすると「有効です。」と表示される NG:不審なサイトでは、「リンク先が証明書と一致しません。サイトを確認してください。」と表示される

下記のようなWebサイトは、「イオンカード 暮らしのマネーサイト」でお客さまの情報を入力いただく画面ではありません。

  • 上記以外のURL
  • SSLサーバ証明書のWEBステッカーが表示されているページで、WEBステッカーをクリックすると「リンク先が証明書と一致しません。サイトを確認してください。」と表示されます

「イオンカード 暮らしのマネーサイト」の精巧な偽造サイトも確認されております。
一見して正しいサイトに見える場合でも、内容に身に覚えがない場合や不審な点(不自然な日本語が使用されているなど)がある場合には、お客さま情報は入力せず、画面を閉じてください。

実際に確認されている不審サイト例

実際の不審サイトの画面イメージなどを、下記ページでご確認ください。

偽装サイトの例

不審なメール・サイトの被害にあわないために

不審な内容を見つけたときは

上記に限らず、内容に身に覚えがないメール・サイトや不審な点(不自然な日本語が使用されているなど)があるメール・サイトを見つけた場合には、記載されているURLをクリックしたりお客さま情報を入力したりせず、メール削除又は画面を閉じてください。

お使いの端末を常に最新の状態に

パソコンやスマートフォンのOSやアプリケーションを古いバージョンのまま使用していると、万一不審なサイトにアクセスしてしまった場合にウィルス感染などの危険性が高まります。お使いの端末は常に最新の状態に更新いただきますようお願いいたします。

イオンマークのカードのセキュリティ

イオンマークのカードには不正利用などの被害にあわないための「安心・安全の機能」や、万一被害やトラブルにあわれた場合にご利用いただける「もしもの時のサービス」が備わっています。安心してご利用ください。

セキュリティについて見る

お問い合わせ先

受信されたメールやアクセスされたサイトが不正なものでないか不安な時、確認されたい時は、下記までお問い合わせください。

「イオンカード 暮らしのマネーサイト」お問い合わせ

http://www.aeon.co.jp/inquiry/index.html

セキュリティTOPへ移動