フィッシングサイト被害にあわないために

「イオンカード」などを名乗る不審なメール・サイトにご注意ください。

フィッシング詐欺とは

クレジット会社や銀行などの企業を装い、電子メールにより偽りのホームページにアクセスするよう仕向け、そのページにおいて個人の情報(クレジットカード番号、ID、パスワード、アカウント情報など)を入力させ、個人の情報を不正に入手する手口です。だまし取った個人の情報を悪用して、偽造カードを作成して現金を引き出したり、本人になりすまして不正な売買をしたりします。

なお、クレジットカード会社では、お客さま個人の情報(クレジットカード番号、有効期限や暗証番号など)についてメールで問い合わせたり、回答をお願いしたりするようなことはありません。

認証入力をさせようと誘い込む具体例

  • 「あなたさまのクレジットカードが不正に使用されている可能性があります。至急次のページで取引内容を確認してください。」
  • 「あなたさまがご本人であることを確認するため、会員番号、暗証番号などを入力してください。」
  • 「審査の結果、あなたさまが○○に当選しましたので、クレジットカード番号の登録をしてください。」
  • 「不正使用防止のため、お客さまのクレジットカード番号、有効期限、暗証番号を登録してください。」

聞き出そうとする個人情報の具体例

  • 住所、氏名、電話番号
  • クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
  • オークション、プロバイダ、電子メールなどのID・パスワード

不審なメールが送られてきたら

個人情報やクレジットカードの情報などを問い合わせる不審な電子メールやホームページを見かけたら、下記のような対応を取るようにしてください。

  • お客さま個人の情報を、決して入力して返信しないようにしてください。
  • 送信された電子メールのリンクは、むやみにクリックしないようにしてください。
  • メールの真偽を確かめたいときには、実在するショッピングサイトやクレジット会社、銀行などの企業への電話確認や、Webブラウザを新規に立ち上げ、本物のサイトであることを確認してください。
  • メールを返信せず、ホームページのアドレスやメールの題名など確認の上、速やかにご利用のクレジット会社にご連絡ください。
  • 都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に設置された「フィッシング110番」にご連絡するか、最寄りの警察署にもご相談ください。

※都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口は、警察庁のホームページでご確認ください。

「イオンカード」などを名乗る不審なメールにご注意ください

イオンカードではお送りしないメールの特徴

イオンカードから、下記のようなメールはお送りしません。

  • クレジットカード番号、カード有効期限、カード裏面に記載のセキュリティコード、カード暗証番号などを直接お尋ねする内容
  • 添付ファイルつき
  • ファイルのダウンロードを促す内容
ご確認ください

不審なメールが届いたら

不審なメールでは、表示されるURLが正しいものに偽装されている場合があります。PC環境ではURLにマウスカーソルをあてて、実際のリンク先をご確認ください。

メール内容に身に覚えがない場合や不審な点(不自然な日本語が使用されているなど)がある場合にはメールに記載されているURLはクリックせず、メールを削除してください。


実際に確認されている不審メール例を掲載していますので、ご確認ください。

イオンカードからお送りするメールについて

イオンカードからお送りする「正しいメール」の送信元メールアドレスとメール内容は下記のとおりです。

「イオンカード」などを名乗る不審なメールにご注意ください
イオンカードから送信するメールアドレス
information@email.aeon.co.jp
information@ma.email.aeon.co.jp
イオンクレジットからのお知らせメール(キャンペーンや各種サービス情報など)
userid@aeon.co.jp イオンスクエアメンバー登録、ID変更、ID退会完了メール、本人認証サービス登録完了メールなど
aeon@aeon.co.jp ときめきポイント交換(合算応募含む)、カード切替、家族カード申込完了メール、問い合わせフォームなど
shinsa@aeon.co.jp イオンカードセレクト、ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)申込完了メールなど
cardshinsa@email.aeon.co.jp クレジットカード(WEB完結型)申込完了メール
statement@email.aeon.co.jp Web明細ご利用による請求額案内メール
honkaku@aeon.co.jp カードお受取方法に関するお知らせメール
thanks@aeon.co.jp ときめきポイント交換、上記以外オンラインサービス登録(受付)完了メール
SMS(ショートメッセージサービス)配信元および配信元電話番号
配信元 イオンクレジットサービス株式会社
配信元電話番号

0432132071 / 0227711583 / 0593505160 / 0668739020 / 0120749964 / 0432749967 / 0120117316 / 0432157560 / 0570071090 / 0570064811 / 0570064750 / 0570033199

※受信がソフトバンクの携帯電話のお客さまは0032 069000 、21061が表示されます。

当サイトを偽造した不審なサイトにご注意ください

偽造サイトの特徴

以下のような特徴は、偽造サイトです。

  • 表示されているURLが「https://www.aeon.co.jp/」と異なる場合は、偽造サイトです。
  • SSLサーバ証明書のWEBステッカーが表示されているページで、WEBステッカーをクリックすると「リンク先が証明書と一致しません。サイトを確認してください。」と表示される場合は、偽造サイトです。
ご確認ください

不審な点がある場合は

当サイトの精巧な偽造サイトも確認されております。
一見して正しいサイトに見える場合でも、内容に身に覚えがない場合や不審な点(不自然な日本語が使用されているなど)がある場合には、お客さま情報は入力せず、画面を閉じてください。


実際に確認されている不審サイト例を掲載していますので、ご確認ください。

当サイト内の情報入力画面について

当サイト内でお客さまの情報を入力いただく画面は、下記の内容で構成しています。

情報入力手順1
情報入力手順2
情報入力手順3

不審なメール・サイトの被害にあわないために

不審な内容を見つけたときは

上記に限らず、内容に身に覚えがないメール・サイトや不審な点(不自然な日本語が使用されているなど)があるメール・サイトを見つけた場合には、記載されているURLをクリックしたりお客さま情報を入力したりせず、メール削除又は画面を閉じてください。

ご利用明細の確認

ご利用明細をこまめに確認いただくことは、身に覚えのないカード利用の早期発見に繋がります。イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」または当サイトにログインでご確認いただくサービス「Web明細(環境宣言)」をご利用いただき、なるべく日常的に利用状況をご確認ください。

また、店頭でのお支払いで受取ったカード利用伝票は必ず保管し、毎月のご利用明細と照合してください。

なりすましサイトにご注意ください

最近、有名ブランド品などの実在するサイトを装い、あたかも当該サイトであるかのように誤認させ「偽物」を販売する、なりすましサイトを利用したトラブルが急増しています。トラブルの大半は「販売元に問い合わせをしようとしたが、サイトが閉鎖されており連絡が取れない」「連絡先が分からずキャンセルできない」「粗悪品を送りつけられた」など、国内業者を装った海外業者のため、連絡がつけられない状況となっています。
カード利用の際は、正規のサイトをご利用するなど、信頼のできるサイトであることをお確かめのうえ、ご利用ください。
なお、このようなサイトのご利用はお客さまの意思によるものとみなし、カード利用代金はご請求させていただきます。くれぐれもご注意ください。

被害にあわないために

  • 正規商品と比較して価格が安すぎる場合は注意
  • サイトの日本語表記が不自然な場合は注意
  • 不正と思われるサイトにお客さま情報を入力しない
  • 事前に販売元の住所や連絡先を確認する

お使いの端末を常に最新の状態に

パソコンやスマートフォンのOSやアプリケーションを古いバージョンのまま使用していると、万一不審なサイトにアクセスしてしまった場合にウィルス感染などの危険性が高まります。お使いの端末は常に最新の状態に更新いただきますようお願いいたします。

イオンマークのカードのセキュリティ

イオンマークのカードには不正利用などの被害にあわないための「安心・安全の機能」や、万一被害やトラブルにあわれた場合にご利用いただける「もしもの時のサービス」が備わっています。安心してご利用ください。

お問い合わせ先

受信されたメールやアクセスされたサイトが不正なものでないか不安な時、確認されたい時は、下記までお問い合わせください。