不正利用の補償

クレジットカードを安心・安全にご利用いただくために

イオンマークのカードには、インターネット取引などで不正利用被害にあわれた場合、損害を補償する制度がございますので、安心してご利用ください。

お問い合わせの前にご確認ください

不正利用の疑いがある場合

カード名義人ご本人さまより、当社コールセンターまでお問い合わせをお願いいたします。

お手続きの流れ

以下の手順でお手続きください。

  • STEP
    1
    コールセンターへ連絡
    身に覚えのない請求がございましたら、以下に記載のコールセンターへご連絡ください。
    身に覚えのない請求がございましたら、以下に記載のコールセンターへご連絡ください。
  • STEP
    2
    カード会社での調査
    調査の内容により、所定の書類をご提出いただく場合がございます。
    調査の内容により、所定の書類をご提出いただく場合がございます。
  • STEP
    3
    損害の補償
    調査の結果、第三者による不正利用と認められた場合について、当社の補償が適用されます。
    調査の結果、第三者による不正利用と認められた場合について、当社の補償が適用されます。
ご確認ください

調査の結果、会員ご本人およびその家族、同居人など会員の関係者によるご利用(第三者による不正が認めらない場合)と判明した場合は、ご利用代金をご請求させていただきます。

補償の適用について

適用される場合

会員番号およびカードの有効期限とその他カードに関する情報が第三者によって不正に利用されたものと株式会社イオン銀行(以下「イオン銀行」といいます。)が認めた場合に本制度の適用となります。

適用されない場合

以下に該当する場合には本制度は適用されません。

  1. 会員が善良なる管理者の注意をもってカードを利用・保管していない場合
  2. 会員がカードを他人に貸与、譲渡、質入等の担保提供をした場合
  3. 会員が会員番号およびカードの有効期限とその他カードに関する情報を他人に利用させた場合
  4. イオン銀行が当該届出を受理した日を含めて61日よりも前に発生した損害の場合
  5. 会員の故意または重大な過失に起因する場合
  6. 会員の家族、同居人、留守番その他会員の委託を受けて身の回りの世話をする者など、会員の関係者が自ら行った、または加担した不正利用に起因する場合
  7. カード利用の際使用された暗証番号と登録された暗証番号が一致している場合(ただし、イオン銀行に責がある場合にはこの限りでないものとします。)
  8. 戦争、地震など著しい秩序の混乱に乗じて行われた不正利用に起因する場合
  9. 会員規約に違反している状況において不正利用が生じた場合
  10. 不正利用が虚偽の場合
  11. 第三者の不正利用が会員の責めに帰すべき事由による会員の生年月日、電話番号等個人情報の漏洩に起因する場合
  12. 会員がイオン銀行の請求する書類を提出しなかった場合、または提出した書類に不実の表示をした場合、あるいは被害調査の協力をしない場合
  13. その他会員が会員規約に違反したことに起因する場合
  14. 会員がイオンクレジットサービス株式会社が加盟店に貸与しまたは加盟店が自ら設置した本人認証のための機器を用いてイオンクレジットサービス株式会社所定の生体認証の手続きを行い、生体認証の結果に基づき、利用者が会員本人であることを確認した場合

※適用外項目は予告なく訂正、追加される場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ
イオンカードコールセンター

※間違い電話が大変増えております。コールセンターは0570から始まるナビタイヤルとなります。お掛け間違いの無いよう、ご注意願います。